トップページへ 浜峰のこだわり 旬のおすすめ ショッピング 催事情報 熊野暦 一魚一会に感謝
 浜峰のひものトップページ > 一魚一会に感謝 > 2004年06月02日 暮らしの力
一魚一会に感謝
2004年06月02日
暮らしの力

初めて熊野に来たのは、2年前の6月だった。紀伊長島の展望台から遠くに熊野灘をのぞむ景色は美しかった。美しいだけではなく、しばらく訪れていない私の母の実家を思い出させた。母は愛媛県・佐田岬半島の出身である。私は大阪の小学校にあがると、海辺の小学校に通ういとこたちを心底うらやましく思いながら、学校の休みを待ちわびて佐田岬へ帰り、海や磯や山で遊んだ。紀伊長島から眺めた風景は、私が子ども時代にあこがれた海と山の暮らしを思い起こさせた。この2年のあいだに、熊野の山と海、どちらの暮らしにも触れる機会をいただいた。山側の集落へ、山肌に沿う細く曲がりくねった山道を延々と行く。崖の向こうには木々が鬱蒼と茂っている。この道には終わりがないのだろうかと不安になる頃、ぽっかりと集落が現れる。空気が澄みきり、農村の原風景を感じさせるようなところだ。初めて集会所でお話を伺わせていただいたとき、聞き取るのが難しかったのを覚えている。その響きは柔らかで耳に心地よいのだが、意味がとりにくい。日本語ってこんなに多様な言葉と豊かな音をもっていたのか・・・と気づかされた瞬間だった。そこで飲ませていただいた湧き水は、その空気を瓶詰めしたように涼やかで、身体に染み込んだ。

海辺の町では、潮の薫りのなかで漁師さんたちのお話を聞かせていただいている。戦争や津波や台風などの経験で傷ついてきたこの町の暮らしを、漁師さんたちはカツオ船やマグロ船、貨物船やタンカーなどに乗って支えてきた。マグロの投網の話、カツオの一本釣りの話、稼いだお金を使い果たした話、船でけんかになった話、スコールで身体を洗う話、台風の目に入って死にかけた話、凍てつく寒さのなかで眠らずに網の当番をする話、南の島に上陸した話、どれも大変な経験だったはずなのに、話は楽しく聞いている私たちは笑いどおしになってしまう。広い世界を見てきた漁師さんたちは、苦労を楽しみへと転換する力をもっているかのようだ。 港にきれいに並んだ船や、網の繕いをしている漁師さんたちを見ていると、私は海の向こうに住む友人たちを思い出す。私がここ3年ほど訪れているウガンダ共和国にあるアルバート湖畔の村の人々のことである。そこでは、湖岸から小さなカヌーで沖に漕ぎ出し、刺し網や釣り針で漁をし、とれた魚は天日干しや燻製にする。この2月、私をいつも住まわせくれている家の主が、笑いながらこんな話をしてくれた。
妻に「今晩、おかずがあるか?」と聞くとするね。魚があれば、「おかずはある」というのに、豆があるときには、「今日は豆がある」というだけなのだ。豆だっておかずだろう。なのに、この違いは何だろうね。

ここに住む人たちにとって、おかずとは魚なのだ。畑を耕すように湖に勤しむ人たちは、その実りで暮らしを支えている。「漁は経験と頭と運だ」と話してくれたのは、熊野の漁師さんたちだ。そのままの言葉がこの村でも当てはまるようだ。湖と海、アルバート湖と熊野灘、遠くはあっても、水辺の暮らしはつながっている。熊野からの帰り道、だんだん信号が増えてきて、大阪に近づいたのを知る。人の多さ、とくに若い人が道を歩いていることに驚き、空気の重いことが気になる。たった数日のあいだに私は熊野になじんでいたようだ。そして、まだ家に帰り着く前に「今度はいつ行けるのだろう」と思う。熊野の暮らしから力をもらって、大阪での生活がまた始まる。

田原範子(たはら のりこ) 四天王寺国際仏教大学・短期大学部助教授
一魚一会ファンクラブ
リレーエッセー
2012年2月28日 還暦の記念冊子をいただきました。

第11回 2009年12月29日
出会いに感謝

寺口淳子(てらぐちじゅんこ)医療法人健康会京都南病院 看護部長

第10回 2009年10月31日
チューターのひとりごと

土屋雄一郎(つちや ゆういちろう)京都教育大学准教授

第9回 2009年6月16日
古くて新しい里

伊地知紀子(いぢちのりこ)愛媛大学法文学部 人文学科准教授


第8回 2008年9月30日
私と熊野〜後鳥羽上皇の熊野御幸をよみながら

松居和子(まつい かずこ)京都大学社会学研究室教務補佐


第7回 2008年6月30日
熊野古道の賑わいと味わい

寺口瑞生(てらぐちみずお)千里金蘭大学現代社会学部教授

第6回 2007年5月8日
四季を体験する方法

大野 哲也(おおの てつや)
京都大学大学院博士

第5回 2004年12月29日
徐福伝説と冬の海

逵 志保(つじ しほ)
愛知県立大学文学部非常勤講師

第4回 2004年6月2日
暮らしの力

田原範子(たはら のりこ)
四天王寺国際仏教大学・短期大学部助教授

第3回 2004年2月11日
このみの山ずま居

中村律子(なかむら りつこ)
法政大学現代福祉学部助教授(高齢福祉学)

第2回 2004年12月07日
何ぞ書にのみ学ばんや

古川 彰(ふるかわ あきら)
関西学院大学社会学部教授:(アジア地域研究、環境社会学)

第1回 2004年10月22日
熊野の毒

松田素二(まつだもとじ)
京都大学文学部教授:(アフリカ地域研究、地域社会学)

会社概要お問い合わせ先特定商取引法に基づく表示

【お問い合わせ】
 浜峰商店  〒519‐4205 三重県熊野市遊木町123-2
TEL:0597-87-0678 FAX:0597-87-0671

ページの先頭へ