トップページへ 浜峰のこだわり 旬のおすすめ ショッピング 催事情報 熊野暦 一魚一会に感謝
 浜峰のひものトップページ > 掲載情報 > 2010年10月16日 毎日新聞「詩と絵でつづる天職一芸」に掲載
くまの浦々

2010年10月16日
毎日新聞「詩と絵でつづる天職一芸」に掲載されました。


毎日新聞 10月16日(土)東海版に掲載されているTOKAIワイド 詩と絵でつづる天職一芸(文と詩:オカダミノル 絵:茶畑和也)に「戻りさんまの丸干し 朝闇どりに潮の香りを封じ込め」と題して掲載されました。

新聞記事

↑上記画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。


詩と絵でつづる天職一芸
戻りサンマの丸干し
朝闇どりに潮の香り封じ込め


 破れうちわで火をおこしゃ
 背なの妹煙たがる
 遊木港に陽(ひ)が落ちりゃ
 父(とう)の漁船が沖目指す
 朝日に染まる熊野灘
 大漁旗を翻し
 戻りサンマを山積みに
 父が港へ引き返す

 「熊野灘を下る戻りサンマは、荒波を泳ぎ抜いて来るで、わしらとちごてメタボやないんさ」。三重県熊野市遊木町、干物の浜峰商店。2代目干物職人の浜口克茂さん(58)は、港から沖を眺めた。「ここらは300年の伝統を誇る、サンマの刺し網漁発祥の地やで」。港にもやわれたサンマ船が、出港の時を待つ。
 克茂さんは1952(昭和27)年、5人兄弟の長男として誕生。「魚屋の三男坊やった父が、復員後サンマ船を持って漁を始めたんさ。ところが4歳の時に大不漁で、家を取られてもうて。その後、新宮(和歌山県)に間借りし、魚屋を始めたんやさ」。59年、親類の助けを借り、遊木町へと戻った。「そしたら今度は、伊勢湾台風に見舞われてもうて。船が家の中へ飛び込んで来るんやで」。小学生時代は、もっぱら父の仕事を手伝った。「父は正直もんで、お客さんらに『おいしいわ』と喜んでもらうために、骨身を削って働き詰めたんさ」。それから10年。ボロぞうきんのようになるまで、働き通した父は、過労がたたり急逝。「その年、高校を2年で中退し、店継いで父が失った家を取り返したいと誓(ちこ)たんさ。妹たちの面倒みやならんで」。いとこの船長の勧めで、「魚屋やんなら、魚場を勉強せえ」の一言で、漁船に乗り込んだ。「えらい月給がようて。でもそのお陰で、魚とってからの処理も覚えたんやさ」
 70年、中古の軽トラを月賦で手に入れ、母と2人で浜峰商店を再興。行商を始めた。「父から干物の加工方法は、じぇんぶ教わっとったし、塩のあんばいは母が覚えとったで」。母と子の商いが続いた。77年、海山町(現・三重県紀北町)から幸美さん(58)を妻に迎え、二女が誕生。「当時は今とちごて、まだ鮮魚もやりよったんさ。それでカツオ問屋やった女房の実家へ仕入れに行ったら、どこでどうまちごうたんか、嫁まで仕入れてもうて」
 天下に誇る浜峰の戻りサンマの丸干しは、潮目と月の満ち欠けの見定めで決まる。「サンマの腹ん中が空っぽになって、カンピンタンのペラッペラになる、まだ夜も明けやん朝闇どりが一番なんやさ」。水揚げされたばかりのサンマを、永年の目利きで競り落とす。「ケツの穴が閉じとるやつがええ」。サンマに 天然海塩を振り掛け、手もみし木おけに一晩漬け込み低温熟成。「手もみすると、その日のサンマの表情が見えますやん」。翌朝、熊野山ろくの天然水で塩出し。次にしっぽを2匹で一つに縛り、丸2日天日に干せば出来上がり。「まだ新物やないけどどうや?」。そのまま大胆に、手づかみでかじり付いた。何とも言えぬかみ応えと、肉汁の甘味が広がる。特にはらわたはこの上なく絶品だ。「せやろ。水揚げしたばかりの、刺し身でも食えるサンマを、わざわざ干物にしたるんやで、うも(うまく)ないはずがない。潮の香りを封じ込めたぜいたくな干物やで」
 後4日、熊野の戻りサンマ漁が解禁日を迎える。
<文と詩・オカダミノル/絵・茶畑和也>


旬のおすすめのご案内

自信をもって持ってお届けする浜峰商店こだわりの旬のひものを熊野の海からお客様のもとへお届けいたします。お中元・ご贈答にもおすすめです。

旬のおすすめページへ

ショッピング(単品販売)のご案内

自信をもって持ってお届けする浜峰商店こだわりの旬のひものを熊野の海からお客様のもとへお届けいたします。お中元・ご贈答にもおすすめです。

ショッピング(単品販売)のページへ

2015年
2015年2月2日
NHK総合「サラメシ」で放映

2014年

2014年3月30日
中京テレビ『PS三世』で放映


2013年
2013年2月
「家庭画報」に掲載。

2013年1月11日
三重てれび「とってもワクドキ!」で放映

2012年
2012年8月16日
三重てれび「とってもワクドキ!」で放映

2011年
2011年7月5日
スタイルプラス『東海仕事人列伝』に掲載。

2011年2月6日
NHK総合「産地発!たべもの一直線」で放映。

2010年
2010年10月16日
毎日新聞「天職一芸」に掲載

2010年9月1日
「買えるブルータス」に掲載

2009年
2009年7月11日
中京テレビ『幸せの黄色い仔犬』で放映

2009年6月19日
TBSテレビ『ひるおび!バンバンバン』で放映

2009年5月29日
CBCテレビ『そらナビ』で放映

2009年3月4日
フジテレビ「ザベストハウス123」で放映


2008年
2008年11月23日
東海テレビ『スタイルプラス』で放映。

2008年3月26日
読売テレビ『なるとも!』で放映

2007年
2007年12月7日
毎日放送『ちちんぷいぷい』で放映

2007年12月1日
月兎舎『スローフード三重』に掲載

2007年9月21日
関西テレビ『痛快!エブリデイ』で放映

2007年2月24日
東京生活 2006/11 no.17 特集『おいしい秋をお取り寄せ』に掲載

2005年
2005年6月19日
中京テレビ「PS」で放映

2005年2月1日
BRUTUS 2005/2/15号『決定、日本一おいしい「お取り寄せ」はこれだ!PART2』干物部門で「特選さんま丸干し」が、グランプリに!

2004年
2004年12月24日
「どっちの料理ショー 特選素材取り寄せカタログvol.2」に掲載

2004年12月22日
NHK総合テレビ「生活ほっとモーニング」で放送

2004年4月6日
雑誌「サライ」に掲載

2003年
2003年9月23日
中京テレビ「中部が元気! 日本まんなかみらい旅」で放映

2003年5月23日
TV東京の番組「産直限定!通販バトル」に生出演

2003年3月8日
名古屋テレビ『Bella Spirito』に「特選取り寄せグルメ」で紹介

2002年
2002年6月6日
「どっちの料理ショー」の「定番のお魚定食」対決の「アジの開き」代表に全国から選ばれました

2001年
2001年12月1日
ふるさとを刺激する大人のローカル誌「NAGI」に掲載

会社概要お問い合わせ先特定商取引法に基づく表示

【お問い合わせ】
 浜峰商店  〒519‐4205 三重県熊野市遊木町123-2
TEL:0597-87-0678 FAX:0597-87-0671

ページの先頭へ