トップページへ 浜峰のこだわり 旬のおすすめ ショッピング 催事情報 熊野暦 一魚一会に感謝
 浜峰のひものトップページ > 浜峰のこだわり > 真鯵(マアジ)
特選素材
真鯵(マアジ)

弊社では主に下記の沖合で水揚げされた新鮮な真鯵だけを使用いたしております。

〈原魚水揚地〉
〈漁 法〉
三重県 熊野灘沖
定置網
長崎県 松浦港
巻網
島根県 浜田港
巻網


幕末の頃の熊野灘沖 鯵漁の図

アジ科の海産魚。日本産アジ類の代表種。
全長約30センチに達する。体は長い紡錘形でやや側扁する。背方は灰青色で腹方は銀白色を呈し、体側には稜鱗(ぜんご)という特有の隆起をもった鱗(うろこ)が側線上に並ぶ。
日本各地に分布し、温帯性魚で春から夏に沿岸を北上し、秋から冬に南下する。小型魚はプランクトン、大型は小魚を好んで食べる。

【地方名】
あかあじ(紀州田辺・広島)、がつん(沖縄)、ぜんご(伊豆)
とっぱ(土佐)、ひょっこ(東北)


【語 源】
新井白石の「東雅」で「アヂとは味也。その味の美をいふなり」と述べている。
味が旨いからアジだと言うのである。単純な説であるが、語源とはこんなものではないでしょうか。
鯵の文字について・・・・・
アジは海の中層を群れをなして回遊する魚である。この生態を捉えて参加・参集の参を利用しようと考えられる。参とは多くのものが入り交じるの意味である。そこで魚偏に参をつけて鯵という字に仕立てたのではないでしょうか。


【鯵のおいしさと栄養】
三重県の鳥羽水族館で以前話題を呼んだ世界最小のスナメリの長期飼育を担ったのが新鮮なマアジだった。
スナメリは新鮮なマアジ以外は口にせず、その他の海獣達も大好物である。
不漁の時にサバなどを与えたとたんに下痢を起こして、その後の治療に大変な苦労があったと聞いています。
アジは生食よりも干物にすると栄養価がアップすると言われます。
生アジの場合は、100グラム中タンパク質は20ミリグラム、脂肪は27グラムなのに、干物にすると43ミリグラム、59ミリグラムと含有量が増加します。
アジは、魚の中でも特にビタミンAが非常に多く含まれた魚です。
これから訪れる夏には是非アジを食べていただき、健康でお過ごしいただきたく思います。


旬の魚で一句
俳句

参 考 文 献

旬の食べものには驚異的な薬効あり」
      著者:中村幸昭 (株)朝日パノラマ
「魚偏漢字の話し」
      著者:加納喜光  中央公論新社


旬 の 特 選 素 材

 春の旬「鰆(さわら)・桜鯛を見る」
 夏の旬「真鯵(まあじ)を見る」
 秋の旬「うるめを見る」
 冬の旬「さんまを見る」


会社概要お問い合わせ先特定商取引法に基づく表示

【お問い合わせ】
 浜峰商店  〒519‐4205 三重県熊野市遊木町123-2
TEL:0597-87-0678 FAX:0597-87-0671

ページの先頭へ