トップページへ 浜峰のこだわり 旬のおすすめ ショッピング 催事情報 熊野暦 一魚一会に感謝
 浜峰のひものトップページ > 浜峰のこだわり > うるめ(鰛)
特選素材
うるめ(鰛)

弊社では主に下記の沖合で水揚げされた新鮮なうるめだけを使用いたしております。

〈原魚水揚地〉
〈漁 法〉
三重県 熊野灘沖
棒受網・定置網


幕末の頃の熊野灘沖 棒受漁の図
幕末の頃の熊野灘沖 棒受漁の図

【ウルメイワシ】
ニシン科の海産魚。
全長25センチに達する。マイワシに似ているがマイワシよりも細長く円筒形で、腹ビレが背ビレよりも後方下にある。
本州以南、西太平洋、インド洋、大西洋の暖海に分布する。
脂肪が他のイワシにくらべて少なく、塩干し品として美味で価値が高い。

【地方名】
うるめ(東京・銚子・紀州・江ノ島・高知・島根)、おおめいわし(熊本・有明海)、てっぽう(対馬)、どっこいわし(柏崎・金沢)、どんぼ(富山・石川)、まるっぽう(志賀島)、めぐろ(富山)


【語 源】
目が大きくて死ぬと眼球がうるむ(脂瞼という)のでウルメの名があります。

【ウルメイワシのおいしさと栄養】
イワシ類の中で一番に味は上品であり、腹ワタの少しほろにがいうまさは、海の香りが満ちています。
昔から庶民の健康の源であり、タンパク質はイワシ類のうちでもっとも高く、アジ、サバよりもすぐれています。
人間の血液中のコレステロールの値を低下させるエイコサペンタエン酸(EPA)をたくさん含み、心臓の冠状動脈が詰まって起こる心筋梗塞を防いだり、血管を拡張し血液の粘りを少なくし高血圧も予防する。他にカルシウム、ビタミンCも豊富。
核酸が多く含まれていて、人間の細胞中の遺伝子RNA(リボ核酸)、DNA(デオキシリボ核酸)を活性化させる。核酸を食べると体全体が若返り、記憶力も良くなるというから厳しい時代を生き抜かなければならない現代社会人にとっては、かけがえのない魚と言えます。


旬の魚で一句
俳句

秋の空に小さな雲が群れをなしているものを巻積雲といいます。
これは、「鰯雲(いわしぐも)」と呼ばれ、この雲が出るとイワシ類が大漁の前触れとも言われました。


参 考 文 献

旬の食べものには驚異的な薬効あり」
      著者:中村幸昭 (株)朝日パノラマ
「魚の手帖」 小学館
「健康食イワシ」
      著者:奥本光魚  (社)農山漁村文化協会


旬 の 特 選 素 材

 春の旬「鰆(さわら)・桜鯛を見る」
 夏の旬「真鯵(まあじ)を見る
 秋の旬「うるめを見る」
 冬の旬「さんまを見る」 


会社概要お問い合わせ先特定商取引法に基づく表示

【お問い合わせ】
 浜峰商店  〒519‐4205 三重県熊野市遊木町123-2
TEL:0597-87-0678 FAX:0597-87-0671

ページの先頭へ