トップページへ 浜峰のこだわり 旬のおすすめ ショッピング 催事情報 熊野暦 一魚一会に感謝
 浜峰のひものトップページ > くまの浦々
くまの浦々

熊野浦々の東南面は、熊野灘に面し、二木島湾、新鹿湾、大泊湾など奥深く入り込んだリアス式海岸となり、変化に富んだ海底は魚たちの住かには絶好の環境となっております。
この湾内には、各浦々があり、それぞれ漁業としての良港に恵まれており、熊野灘を北上する黒潮暖流は春から秋にかけて、いわし類、それを追うカツオ、マグロなど豊富な魚類を運び、冬には銚子沖付近まで南下する寒流に乗ったブリ、さんまなどが更に南下して熊野灘沿岸に回遊してきます。
くまの浦々の海は、暖寒魚の漁場として知られ湾内漁業、沖合漁業、捕鯨業と、それに七里御浜を利用した地引き網漁と漁場も豊富に恵まれ、浦々に住む海人達の知恵で漁法も考案され、全国津々浦々へと伝えられていきました。
しかし、過去においては幾多の大地震・大津波により甚大な被害を受けてしまい、浦々の漁業史を知る古文書などは、ほとんど現存していない
が実情です。今はただ浦々にひっそりと佇む魚類供養塔により、往事を偲ぶ事ができます。
これから浦々を訪ね歩き、語り継がれてきた漁業史・海人・自然環境について少しずつ語っていきたいと思います。

浜峰のひもの 店主・浜口克茂

甫母浦

第1回目のご紹介は、甫母浦です
甫母漁港は二木島湾の北岸東部寄りの小入江にあって、あご崎西端から松掛南端に至る陸岸で囲まれ、南方に開口し外洋を望んでいる港で、古代神武天皇の大和入りの上陸地点ともいわれています。
甫母浦の海人 磯崎敏春さんのご紹介とともに『くまの浦々』を紹介しています。
お時間のある時に、ぜひご一読ください。

2009年
   2009年6月1日 甫母浦 海禅寺境内法華塔/海人 磯崎敏春さん

会社概要お問い合わせ先特定商取引法に基づく表示

【お問い合わせ】
 浜峰商店  〒519‐4205 三重県熊野市遊木町123-2
TEL:0597-87-0678 FAX:0597-87-0671

ページの先頭へ